ブログカテゴリスタッフブログ

2019.7.10 by suiranrou

球磨焼酎と歩く その①

6月某日

 

私、ものすごく暇を持てあますことこの上なしという昼下がり

 

相方が仕事でとある酒造へ行くというものですから

 

当然、あまりの退屈さで床と平行線に同化していた私の選択肢はただ一つ……

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇ

というわけで、やって来ました 『 常楽酒造 』

(´・ω・`)

“ 秋の露 ”  “ 水穂 ” といった有名銘柄を取り揃えておられる老舗です

最近は、リキュール等の製造にも力を入れておられまして

中でも梅酒に関しては各地の品評会などでも好評価を頂いてますとのことでした

そんな多種多様な焼酎を取り揃えておられる常楽酒造の商品の中でも

私、一押しの焼酎がこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名は 『 人吉 』 

(画像の人吉は3年寝かせた焼酎の中からティスティグしてブレンドしたものになります)

おススメの割り方・飲み方は 『 ハイボール風 』

絞ったレモン果汁と爽快感あふれる炭酸とのコラボレーションは

飲んだ皆様にキレのある喉越しをお約束いたします

 

また芳醇な香りが鼻孔の奥から膨らむ “人吉7年” もおすすめです

皆様も機会がありましたら是非ご賞味いただければと思います

 

 

~閑話休題~

 

そんな 『 人吉 』 シリーズの魅力にどっぷりな私です

当然、製造している現場に来て、ただただ見学コーナーのアントニオ猪木と写真を

撮るだけで話が終わるわけがございません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことわられるかもしれないが……

無理を承知で、人吉を寝かせている現場を見させてもらえないか……

ひとり猪木さんの前で、悶々と悩んでいると

 

相方: 今から人吉保管してるところ見せてくれるって

 

私:  (´・ω・`) コイツ、アイカワラズシゴトガハヤイゼ……

 

思うところ色々とありましたけれど

折角、見せてもらえるってんなら良しとしましょう

では、いざ人吉の眠る場所へ!!

 

 

 

 

 

 

 

おぉ……

(´・ω・`)

思ってた以上の樽の量に思わず言葉を失いました

こげん沢山の樽の中から選び、そしてブレンドされ、世におくりだされとるんね……

職人さんや杜氏さん達の努力の一部分が垣間見えた気がしました

常楽酒造の偉い方

ご協力ありがとうございました

私も翠嵐楼の売店で、より一層お客様方におすすめさせて頂きたく存じますっ!!

(´・ω・`)キリっ

 

ちなみに、冒頭にのせております建物はご自由に見学できますし

工場見学などもやってらっしゃるとのことでした

 

皆様も球磨人吉におとずれましたら

是非焼酎蔵を巡られていかがでしょうか?

それでは、今回こちらまでとなります

ありがとうございましたw